DSC_0116
おっかあ(左)とシュウ。


DSC_0117
シュウのしっぽ。


三年位前に親子で捨てられていたという保護犬です。

白と茶のぶち模様の方が母親犬の、その名も「おっかあ」で、少し大きい方が息子犬の「シュウ」です。

周南市から連れて来られたから息子犬は「シュウ」という名になったものと思われます。

田布施本部で飼われています。
世の中が清潔になってきたということもあるのでしょう、野良犬というのをほぼ見なくなりました。

30~40年前から比べると、全般的にペットに対する感覚や知識も格段に進歩してきました。
「ペットは家族」と考える飼主さんと出会えたペットさんはとてもラッキーさんですよね。
さて、おっかあとシュウは、仲良くケンカしながら毎日を過ごしています。

人間大好きな子たちですので、一度会いにお越しくださいませ。