b88344135015663daab4791e5cab16b2
ゼウス


4663e9cdc4b63a3107555eed0fd8d4ec
ミラクルミリー

今現在で世界で一番大きい犬と言われている犬は、ゼウスという名前の、アメリカのミシガン州に住むグレートデン です。

体高はなんと! 111.8㎝!!

残念ながらゼウスは、2014年9月に亡くなっています。

ギネスに記録されている世界一重い犬は、イギリス生まれの「ゾルバ」という名のマスティフで、

ゾルバが8歳の時の計測で、155.58㎏だったそうです! 体高も94㎝と、信じられない大きさですね…。

ちなみに近年は、最も重い記録はギネスブックに記載されなくなりました。

記録を狙う飼い主による、ペットに対する暴走とも言えるエサやりを防ぐためだとか。

 

逆に世界最小の体高の犬は、チワワの「ミラクルミリー」ちゃん。

体高9.65㎝という記録の持ち主です。 ちなみに生まれたばかりはスプーンの上に乗るほど小さかったんだとか。

また、「生きている犬の中で」を除いた場合の最も小さな犬として記録に残っているのは、ヨークシャテリアの「シルヴィア」。

1945年に死亡したときの記録が、体高6.5cm、体長8.25cm、体重113gと驚くほど極小サイズだったそうです。

 

本当にビックリさせられました!