ミヌエット。

fca315e487cf753797b2446a7812507a
マンチカンの子猫。


49ac02b3cf1465ac212d44708b33e698
ミヌエットの子猫。

みなさんは「ミヌエット」という猫種をご存知ですか?

簡単に概略をご説明しますと、

『以前は「ナポレオン」と呼ばれていた猫で、2015年5月に名称が変わりました。
猫種の起源も新しく、最初の子猫が作出されたのは1996年のことです。
作出者のジョセフ・スミスは、猫ではなく犬のブリーダーで、バセットハウンドの繁殖やドッグショーでのジャッジメントを務めるなど、足の短いこの犬の熱烈な愛好者でした。
前年の1995年6月、ジョセフは米国の新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事で、足の短い猫マンチカンのことを知りました。ジョセフはマンチカンに夢中になり、猫にも短足の遺伝子があること、そして育種のプロセスで避けられない、足が長くなってしまったマンチカン(のような猫)が捨てられて、多くの保護センターに収容されているのを知りました。ジョセフには収容されていた猫がどれもマンチカンであったかどうかの確信はなかったものの、「足が長くなるために捨てられる」という例があってはいけないと考え、自らの手で短足猫の固定化を試みたのです。
ジョセフは最初に、猫種として固定しているペルシャをマンチカンと交配させました。その子猫をヒマラヤンやエキゾチックショートヘアなどペルシャ系の長毛猫とかけ合わせて生まれたのがミヌエットでした』

ということの様です・・・種別も細かくなると我々素人では
なかなか判別も難しいですね ^^
どのような種類の仔でも
大切に可愛がってもらえることを願うばかりです・・・