昨日(11日)は、岩国斎場にて恒例の月例法要が執り行われました。

お盆の月になりますので、ご出席者の方も多かったようでございます。

ここ岩国斎場は弊社4斎場の中でも一番広く、かなり多くの参列者があっても対応できますので、

安心してお越しくださいませ。

しかしこの時期になりますと、月例法要だけではなく、日ごろのお参りの方々の数も平素とは違い、

格段に増えています。やはりお骨は然るべき安全な場所への安置をし、それぞれ思い思いの時に

成仏を願いお参りをして差し上げる。そしてお盆、お彼岸の時期には飼主様側の近況報告も含めて

お参りをしてあげるといった、愛しいペットさんがいてくれたからこその飼主様の人生の中の新しく

加わった行事として慣例化されておられるご様子は、清々しくもあります。

時が経てば飼主様の表情も穏やかになっておられますから、時間が薬とはよく言ったものでございます。

さて、今月も次の土曜日(18日)には周南斎場、その次の土曜日(25日)には本部田布施斎場での

月例法要が予定されております。

未だ法要へのご参加経験のない方々もいらっしゃることと思いますが、ご住職による読経の中、

亡き我がペットさんの成仏を願って静かに手を合わせるといった体験をしてみられることを

お勧めいたします。本当に心が安らかになっていきます。

どうぞご一考くださいませ。