昨日1日は、第一土曜日でしたので、早くも広島斎場にて恒例の月例法要が営まれました。

まだまだお暑い中、参列された皆様、お疲れ様でございました。

ご住職の読経を受け、それぞれの今は亡きペットさんたちも安らかに成仏されていくことでしょう。

一区切りをつけられたところで、これからは今は亡きペットさんとの楽しかった時間を

思い出として記憶していかれることをご提案いたします。

ペットさんの終末期を体験され最後を看取り、ご葬儀をお出しになられました飼主様の

お気持ちは十分にお察し申し上げます。

そんなにすぐに気持ちの切り替えなどできるはずもないことも重々承知いたしておりますが、

少しずつでも亡きペットさんの末期の記憶から、楽しかった時間の記憶へと、

頭の中の整理をされることをお勧めいたします。

そうすることで徐々にではありますが、気持ちも冷静になり、そのうち

「あなたがいてくれたことで私はとても幸せだったよ」と、亡きペットさんへの

感謝の心が芽生えて、人生の中の一仕事をやり終えた清々しい心持ちになれるのではないでしょうか。