先日18日には、周南斎場にて月例法要が営まれました。

お写真のデータがございませんが、厳かに執り行われました。

25日の土曜日は田布施本部にて今月最後の法要がございます。

お盆の月でもございますので、亡きペットさんのご供養をお考えの飼い主様、

お気軽にお問合せくださいませ。

さて前回は、ワンちゃんの第一感覚は「嗅覚」だろうということを書きましたが、

猫さんはどうなんでしょうか。

おそらく、猫さんの場合は「聴覚」が第一感覚ではないでしょうか。

なにしろ、人間が聴くことのできない高周波がワンちゃんには聴こえているということです。

それを利用して作られたのが「犬笛」で、その人には聴こえないスースー音で

ワンちゃんをコントロールすることができるようになるということです。

そして、ワンちゃんにも聴こえない高周波を猫さんは聴き取るとのことで、

耳の能力に関しては猫さんの方に軍配が上がるのですね。

以前、お客様のお話の中で

「うちの子(猫さん)は、部屋の天井の角を見上げてじっとしていることがあるの。

もしかしたら霊でも見えているんじゃないかと思うとちょっと怖くて…」

というのを聞いたことがありますが、これはおそらく「見えている」ではなくて、

その方角から人には聴こえない音がしているのだと、要するに「聴こえている」のだろうと思います。

私などが想像するのは、天井裏のネズミさんの足音とかだったりするのではないかと。

人間の視点で見てみると、ワンちゃんより猫さんの方が若干不思議に思えるときがありますが、

その行動などにも、ちゃんとした根拠なり原因やきっかけは必ずあります。

そういった、人間には足元にも及ばない能力の開発を織り交ぜた遊びを、ペットさんとやってみるのも

案外楽しいゲームになるのではないですかね。