虹の橋。

ペット関連の施設や、獣医さんなどでご覧になられた事がある方も
いらっしゃるかと思います・・・
大切なペットを亡くされ、ペットロスのご家族にも
読んでいただき、気持ちを落とされることの無いように・・・と
お話することもあるといわれる【詩】があります

*****************************************
               【虹の橋】

天国の1歩手前に「虹の橋」と呼ばれる場所がある。

地上に居る誰かに愛された動物は死ぬとその「虹の橋」へ行く。そこは丘のある草原が

広がり動物たちは他の皆と一緒に走ったり、遊んだりする事ができる。

沢山の食べ物と水そしてお日様の光が溢れるその場所で暖かく心地よく過ごしている。

病気だったり、年老いた動物たちはここに来て健康と活力を取り戻し、傷ついたり障害を

持つ身体になった動物たちも元どおりの丈夫な身体を取り戻す。

そう、過ぎ去った日の夢の中でのように・・・。

動物たちは幸せに暮らしているけど、たった一つだけ不満がある。

自分たちにとって「特別な誰か」が、「後に残してきた誰か」が居ないのを

寂しいと感じているから。

動物たちは皆と遊んで時を過ごしている。

でも遂にある日1匹の仲間が足を止めて遠くに目を向けた。

その瞳はキラキラと輝き、身体は堪りかねたように小刻みに震えだす。

突然、彼は皆から離れて、緑の草原を跳ぶように走り始めた。

「あなた」を見つけたのだ。

とうとう出会えたあなた達は抱き合い再会を喜びあう。

もう2度と離れ離れになる事は無い。

喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎあなたの両手は

愛する友の頭や身体を再び愛撫する。

そしてあなたは信頼に溢れたその瞳をもう1度のぞきこむ。

あなたの人生から長い間姿を消していたが1日たりとも忘れたことのないその瞳を。

それからあなた達は一緒に「虹の橋」を渡るのだ。(原文:作者不詳)