2018-4-13

見分けがつきません…。

見分けがつきません…。

一般的に私たち日本人が知っている小型愛玩犬といえば、マルチーズやヨークシャーテリア、

トイプードル、シーズー等だと思うのですが、先日周南斎場に常設しているドッグランに

一人の方が3匹のワンちゃんと来られたのですが、その中の1匹のワンちゃんが「ボロニーズ」

という犬種だったのです。

職業柄、何匹かの対応はしたことがあったのですが、元気に走り回っている姿を拝見させて

いただくことがなかったので、今まで経験したことのない感覚になりました。

なんなんですかね、あの感覚は…。

それはそれとして、ボロニーズと言われても、見た目にはくせ毛のマルチーズにしか見えませんでした。

そこでその後、調べてみたところ、同じような種類のワンちゃんがけっこういることに気づきました。

ざっと紹介させていただきますが、ボロニーズ以外の似た犬種として、

ハバニーズ、ボロンカ・ツヴェトナ、マルチーズ、ローシェン、アーフェンピンシャー、

コトン・ド・テュレアール、ビションフリーゼ、ブリュッセル・グリフォンなどという

犬種の存在が確認されました。

この中で、マルチーズ、アーフェンピンシャー、ビションフリーゼとブリュッセルグリフォンは

聞いたことや見たことがあるのですが、他の4種については初耳犬種なのでした。

世界は広いということを痛感いたしました。

考えてみれば、日本人がイメージしている「プードル」は、小さい犬ですよね。

しかし元々のプードルは、スタンダードサイズの大きな犬です。

日本で普通に見かけるサイズのプードルが、プードルと思っている人たちには

大きなプードルを別の犬種として判断してしまうのも仕方ありません。

日本て、まだまだそれくらいの段階のレベルなのですかね…。

…私だけですか ^^:?

プランや料金など
お気軽にお問い合わせください